月〜金
09:30〜13:00
15:00〜19:30


09:30〜13:00
14:00〜17:30
<休診日>日曜

〒448−0001
愛知県刈谷市井ヶ谷町久伝原6−1
電話0566−63−9777


カウンセリングを受けられた方全員にインプラント小冊子 を無料プレゼント。

card

自費診療の費用をカードでお支払い頂けます。

card

自費診療の費用をローンでお支払い頂けます。



 
ブリッジを入れた結果、お口の中はどうなりましたか?

のページをご覧になっている方の多くは「ブリッジ」を入れた経験がある方だと思います。

歯を失った時に、多くの歯科医院でまず勧められるのが「ブリッジ」による治療。

ブリッジは治療回数、治療期間がそれほどかからず、治療費も比較的安く済むため選択しやすい治療方法です。


前後の歯に負担をかけてしまう「ブリッジ」


よくあるのですが、臼歯(奥歯)を失ったケースでは、

「奥歯は銀歯になっても目立たないから」

という理由で、見た目の面でもブリッジを選ばれる方が多いです。

かし、この選択をした結果、 数年後に後悔するのがこの「ブリッジ」という治療方法です。

ブリッジという治療方法は、抜けてしまった歯の両隣の歯を削って、両隣の歯を支えにして、抜けてしまった歯の代わりの人工歯を入れる治療方法です。

今まで3本で「噛む」という作業をしていたのを2本で行うわけなので、両隣の歯への負担は大きくなります。

仕事で例えると、3人で行っていた仕事をこれからはずっと2人で行う事になるのです。

前後の歯にかかる負担は想像以上で、いつの間にか支えとなっていた歯までも失ってしまうことになります。

に臼歯は歯に一番負担のかかる「噛む」という作業を毎日行っているので、前歯のブリッジよりもそのダメージは大きいのです。

上あご下あごの奥歯にブリッジを装着していて、 この流れを繰り返すことによって複数の歯を失ってしまい、最終的には「入れ歯」「インプラント治療」という選択肢しかなくなってしまうのが一般的なケースです。

そして「まずは入れ歯を入れてみよう」と、入れ歯を選択される方が大半です。

ちなみに「そのまま放置する」という選択肢は、一番悪い結果を引き起こします。

「放置」は、前歯にも影響が出てきます


歯が抜けた状態で放置していくと、残った歯が「噛み合わせ」を求めて動き出し、上下左右に歯が移動し始めます。

これ以上、歯を失う「ストレス」を感じないために。

れ歯の作製は本当に奥が深く、しっかりと適合した入れ歯でない限り、いろいろな面でストレスを感じます。



ここをクリック>>>> 入れ歯専門ページ「なぜ、あなたの入れ歯は合わないのか?」

入れ歯は、上手くフィットしていないと食事の時だけでなく日常生活でも違和感を感じます。

また、入れ歯は歯科医師の力量だけでなく、実際に作製する歯科技工士の腕による部分が大きいため、一般の歯科医院では取引先の歯科技工所の「こだわり」に任せるしかありません。

ただ、歯ぐきの骨の状態によっては「入れ歯」という選択肢しか無い方もいるので難しいところですが、インプラントに比べると、外注先の歯科技工所に大部分を任せざるを得ない不確実な部分が多いのが入れ歯の欠点でもあります。


部分入れ歯(入れ歯を固定するために健全歯に金具を掛けます)

総入れ歯

一般的な入れ歯での噛む力は、天然歯の20〜30%と言われています。


まずは、ご自身にどのような選択肢があるのか知りませんか?

は、 最終的にどの治療方法を選ぶとしても、その長所・短所を見極めて患者様ご自身が、

複数の選択肢の中から治療方法を選ぶことが出来るのがベスト

だと考えています。


例えば、仮にインプラント治療を希望されたとしても、お口の中の状態、特に歯ぐきの骨の状態が良くなければ医学的にインプラント治療が行えないケースもあります。


具体的にいうと、長期間「入れ歯」をしていて歯ぐきの骨が退化してしまった場合などです。



また反対に、他の歯科医院でインプラント治療を断られたケースでも当院では施術可能な症例もあります。

自身のお口の中の現状を知り、その上で提案された選択肢の中から治療方法を選ぶのも遅くはないでしょうか?



やまむら歯科は、無くなった歯に対してインプラント治療だけでなく、入れ歯でも対応しています。



様々な症例に対する治療実績から行われる無料カウンセリングは、不安や後悔を大幅に軽減させる重要なツールであると私は考えています。



ここをクリック>>>> なぜ、年間500名以上が「やまむら歯科のカウンセリング」を希望されるのか?

経験豊富な歯科医師からの選択肢を聞いてみませんか?




インプラント電話予約

インプラント無料相談

無料メール相談