月〜金
09:30〜13:00
15:00〜19:30


09:30〜13:00
14:00〜17:30
<休診日>日曜

〒448−0001
愛知県刈谷市井ヶ谷町久伝原6−1
電話0566−63−9777


カウンセリングを受けられた方全員にインプラント小冊子 を無料プレゼント。

card

自費診療の費用をカードでお支払い頂けます。

card

自費診療の費用をローンでお支払い頂けます。



 
入れ歯が合わないのには、ワケがある。

装着した時に「痛い」理由。

歯ぐきと入れ歯が合っていない

歯を失うと、歯ぐきが変形してしまうことがあります。

そのような場合は、噛む力が一点に集中し、その部分に痛みが生じます。

歯が無くなると、歯ぐきは退縮していきます。

これは身体の仕組み上、しょうがない部分ではあります。

歯ぐきが痩せているために、入れ歯が安定しない。

上記の原因にも似ていますが、歯ぐきが痩せたり、歯肉粘膜が薄かったりすると、入れ歯が動きやすくなり痛みが生じてきます。

また、加齢などで唾液が少なくなってくると歯肉粘膜が傷つきやすくなり痛みが出てきます。

歯ぐきに対して、入れ歯の圧力が均等でない。

装着部分の形状が合っていないため、噛むたびに痛みを感じます。

刈谷市 やまむら歯科 入れ歯
『まずは、歯科医師と院内歯科技工士が原因を追究します』

外れる・ズレる。

歯ぐきが痩せて、入れ歯の形状と合わなくなった。

歯ぐきと入れ歯の接点が不安定になり、少しのことですぐに外れたり、ズレたりしてしまう。

入れ歯がすり減って、噛み合わせが悪くなる。

入れ歯も消耗品なので、ある程度の年数が経つとすり減ってきます。それが原因で外れたり、ズレたりしてしまいます。

入れ歯の材質が悪い。

プラスチィック系統の入れ歯は劣化が早く、また体温によって多少収縮します。大抵は入れ歯安定剤でカバーできますが、許容範囲を超えるケースもあります。

刈谷市 やまむら歯科 入れ歯
『年間100症例以上の実績』

部分入れ歯で悩む、主な原因。

「部分入れ歯が合わない」

という相談は非常に多く受けます。

そして、殆どの場合、普段は部分入れ歯を装着していないというケースになります。

部分入れ歯は、作製が非常に難しいです。

その理由は、

残っている歯が入れ歯を支える強度を持っているのか?

その歯に過度な負担がかからないか?

「噛む」動きに合っているか?

噛み合う歯と上手く接しているか?

等々、様々な条件に合致しているのか入念に調べていかないといけません。

また、天然歯に入れ歯を固定するための金具は、入れ歯を着脱する際に歯を抜く時と同じ動作をすることになるので、せっかく残っている天然歯にどうしても負担をかけることになります。

その負担を少しでも減らすために、正確な診断の後、細かい手順を踏んで入れ歯を作製していきます。

総入れ歯が、合わない。

総入れ歯に関しては、「なぜ、あなたの入れ歯は合わないのか?」のページでもお伝えしていますが、そもそも顎の位置がズレてしまっているケースと上顎にしっかりと吸着していないケースなどがあります。

顎の位置のズレに関しては先ほどのページで読んでいただいた通りですが、しっかりと吸着していない場合は、部分入れ歯と同様、細かい手順を踏んで精密に作製します。

そうすれば、大抵の場合はガラスとガラスの間に水を入れてピッタリくっつければ剥がれないようにフィットします。

刈谷市 やまむら歯科 入れ歯
『完全フルオーダーの入れ歯も作製出来ます』


ここをクリック>>>> なぜ、年間500名以上が「やまむら歯科のカウンセリング」を希望されるのか?

インプラント電話予約

インプラント無料相談

無料メール相談